モテるファッションなんてあるの?

男性にしても女性にしてもネットでモテコーデあんて検索ワードを入れると最新のトレンドを取り入れたコーデがいくらでも出てくるものですよね。

例えば女性だったら「大人可愛い系」のファッション。男性だったら「キレイ目系」や「お兄系」のファッションの画像がHITする確率が高いものだと思えます。

このモテる……結局は異性からのウケの良さで選んでいるものには違いないものです。
中にはこういったモテ服を扱うショップサイトなどでは、「異性の目線に立って選びました~」なんてうたってるサイトもありますよね。
その中でも有名な部類というと、マネキン買いが出来ちゃうメンススタイルなどが有名なのではと思えます。
無論そんなモテ服に対して否定をする気なんて私個人的には更々無いのですが、やはりコレって好みの問題にも分かれてしまうので「コレを着れば確実にモテます!」なんて、断言出来ないのでは? と、思えますね。
かなり乱暴な言い方になるかも知れませんが、ようは似合ってる恰好が一番なのでは? と、私は思えてしまいます。
例えば、筋肉質でガッチリ体型の方が細身シルエットのお兄系……何だかコレじゃない感を感じてしまうものですよね。逆に細身の方が、だぼっとしたB系スタイルなんて着たら、「服に着られている感」が際だってしまい、何だかかえってみすぼらしいとか感じてしまうのでしょう。双方のタイプを街中で見た事がありますが、本人は自分に本当に似合っていると思って着てるのかな? なんて、余計なお世話ながら思えてしまった事があります。やはりそう考えると、モテる・モテないよりも先決に自分には似合うのか否やこれを見極めて服を選んだ方がきっと魅力的な男性により近づく事が出来るのでは? と、思えてしまいますね。

夏はやっぱりマキシ丈のスカート

最近購入した洋服はある大型ブランドをたくさん取り揃えているところのオンラインショップのセールでマキシ丈のスカートを購入しました。
二千円で購入できたのでとてもいい買い物だったと思います。

マキシ丈のスカートは足に自信がない私にとって夏の必需品です。
きれいに足を隠すことができるので本当にもう欠かせません。
それにパンツですと暑いですがスカートなら適度に風も入るので涼しい上、気持ちいいのです。
何より、女性らしさを演出できるところが好きなので夏はたくさん買ってしまいます。

ショップでも見に行ったりもするのですがたくさん周ってもなかなか気に入ったものに出会えなかったりします。
それですので最近は専らネットを利用しています。
上記のサイトでしたら、たくさんのブランドを取り扱っているし、何よりポイントも貯まります。
一つのショップだけですとなかなか貯まりませんがこれでしたらまとめてですので結構貯まるのです。

またセールも見逃せません。50%だけでなく70~80%オフなんてこともありますのでかなりお得です。
ショップですと人ごみが辛かったりしますがネットでしたら楽チンです。
でもやはり混むのは変わりませんから売り切れにはご注意です。

まだまだ欲しいのでまた、ネットで狙っています。

今年の流行はクラシック系

今年の秋確実に流行ると言われている2014年秋ファッションメンズは何と言っても「クラシック系」が来る! なんて、言われているそうですね♪

けれど、そんなクラシック系ファッション案外取り入れるのは難しいのでは?! と、思えてしまうかも知れませんが、実は意外にも難易度が低めで決して難しいファッションではないと、思えます。
その簡潔な理由としては、手持ちの定番系アイテムなどから派生して割と手軽に出来るという部分があるからです。
例えばボトムスアイテムに1本手持ちにシンプルなブラックカラーのチノパンを持っていたとしましょう。
そのボトムスを用いて、上はシャツコーデにカーディガン。
小物としてフレームの大きめな伊達メガネや、中折れハットやツルツルとした光沢感のあるシルク生地の帽子などのアワセ……ただこれだけでもOKなのでは? と、思えます♪
そう考えると、そこまで難しいものはないとお分かり頂けるのではないでしょうか?
またチラリと魅せるインナーの差し色や、小物類などに今年のトレンドカラーを持ってくるのも良いのでは? と、思えますね♪
男性って基本的にはあまりトレンドも楽しむ事もなく定番系×定番系のハズレなしだとしても割と単調なファッションをしがちな方って結構多いものです。
けれど、今年の秋の流行などをコレで把握したのでは? と、思えますので定番×トレンドのちょっと遊びゴコロのあるファッションを楽しむのも良いのでは? と、思えますよ♪ 是非旬を楽しんでみてはいかがでしょうか!

オールインワンは優秀アイテム

今年の夏、よく着たお気に入りの洋服ってありますか?
私は黒無地のオールインワンをこの夏、ヘビロテしました。
他にも色展開があったのですが、一番着回ししやすそうということで黒を選びましたが、良い選択だったと思います。
黒の無地なので、何にでも合わせやすいです。
私の選んだオールインワンはかっちりした生地ではなく、柔らかめの生地だったのでカジュアルにも綺麗めにも着ることが出来ます。
シンプルなのでアクセサリーなどを派手なものにしても良いですし、モノトーンでカッコよくまとめても良いですね。
私はカーディガンを肩掛けしたりしましたが、そのままでも様になるのがオールインワンの良いところでもあると思います。
カラーシャツとビーチサンダルを合わせてラフな感じにしても良いですし、ウェッジソールサンダルとカンカン帽を合わせてリゾートスタイルなんていうコーディネートも出来ちゃうので、かなり優秀なアイテムだと思います。
オールインワンは秋もトレンドが続きそうですので、このまま着たいと思っています。
暑さが和らいできたら、ライトグレーのパーカーを羽織ったり、カーキの薄手ブルゾンと合わせたいと考えています。
流行が終わっても、オールインワン自体が楽ちんなアイテムなのでリラックスウェアとして使うのも良いななんて思っています。
久しぶりにアイテムに出会うことが出来ました。

きちんと感と清潔感が重要

40代になり、ファッションの傾向や好みも少しずつ変わってきましたが、1番心がけているのはある程度のきちんと感と清潔感を欠かないことです。
白のTシャツにデニムでも似合うのが若い人の特権です。40代は多少手をかけないといけない年齢だと思います。
毎日暑い日が続いていますが、ただラフに髪をまとめただけでそれなりに見えるのは若い人。
40代がそれをやったら、ただの生活に疲れた人になってしまいます。
まずカールアイロンでざっくりでいいので全体を巻きます。スタイリング剤をつけて、後ろの部分を少しでいいので逆毛を立てます。
適当に手ぐしでまとめつつ、後頭部は少しボリュームを出して鏡で後ろ姿をチェックしながら1つにします。
そして、髪を一束とってゴムの周りに巻いたり、あとはきれいな飾りのヘアゴムを巻いたりします。
それと髪のツヤは不可欠なので、ツヤが出るオイルを毛先になじませます。
ツヤのない髪は清潔感に欠けるだけでなく、老けて見えてしまいます。
ファッションは、私は背が低いのもあるのでヒールのあるパンプス、サンダルを必ず履いています。
きちんとした格好は人によって定義が違うと思いますが、私が考えるのは、
いきなり子供の学校に行くことになった時に着替えることなくすぐ行けるような格好、ランチが2000円くらいのレストランに突然誘われても臆することなく行ける格好、という感じです。
それほどかっちりきっちりしているわけではありません。そんな格好を毎日していたら疲れてしまいます。
ガサガサのひじやひざ、かかとが見えるのも最悪です。
家でできるお手入れはしっかりやっておくと、安心感を得られます。
あちこち気を使わないといけないのが40代なのです。

シンプルに大人っぽく

20代後半、いわゆるアラサーと言われる年齢になってきましたので徐々に落ち着いた服を着るようになりました。カジュアルでもカジュアル過ぎないようにするためにヒールを履いたりして、女性っぽさを残すようにしています。カジュアルでもフェミニンな要素を入れたりしています。

そして、毎回買うわけではありませんが好んでたまに読むのはBAILAです。ちょうど年齢層だと思っていますし、洋服もシンプルで大人な感じです。あとはなるべく、安っぽく見えないようにバランスに気をつけています。例えば、プチプラな服を着るときです。便利ですし、お財布にもやさしいのでよく買いますが全身を安物にしてしまうと子どもっぽくなってしまいます。

それなので子どもっぽさを抑えるために靴やバッグに気をつけます。アクセサリーもパールなどを使うと、大人っぽくなります。パールといってもかっちりしたものはまだまだ使うには早すぎると思うのでコットンパールを私は愛用しています。あとは海外セレブのファッションをよくPCで見ます。

ELLEなどはたくさん載っていますのでよく参考にします。外国の方のシンプルさ、ラフさなどはなかなか真似できないものなので憧れつつ、多少取り入れたりはしています。

「着こなし」ブログでチェック

最近は雑誌よりも、ブロガーさんの毎日のコーディネートを参考にすることが多いです。
中でも、グログ村の「着こなし」カテゴリーで検索して、ランキング上位のブロガーさんはとても参考になります。ファッションのアドバイザーやコーディネーターのような職業のブロガーさんも多く、わかりやすく勉強になります。
雑誌で流行の最先端のファッションも好きですが、たまにブランドとのタイアップやモデルさんが広告しているようなページも多く、もっと普段の着こなしを知るには難しい気がします。
「着こなし」ブログではZARAやH&M、ユニクロなどのプチプラのアイテムをおしゃれに着こなされていて、真似しやすいものばかりで、とても参考になります。お金がかかった服でなくても、着こなし方で十分におしゃれに見えるという事がわかります。
わたしが一番参考にしているのは、今「着こなし」ブログランキング一位のyokoさんです。優しく丁寧な文章で、素敵な人柄まで感じられ、親しみを持ってしまいます。ヘアスタイルやアクセもトータルで参考にしています。
このブログが人気だからか最近ファッションの本も出版され、そちらも読むとさらに勉強になります。出版社の方もブロガーさんをチェックしてるんだろうなと思ってしまいます。

今も昔もメンズノンノ

ファッションを決める時に参考にしているのは雑誌ならメンズノンノですね。この雑誌は私が18歳くらいの時からずっと継続して読んでいますので、23年の付き合いになります。
メンズノンノに掲載してあるコーディネートは意外と幅広い年代で着こなしが出来るアイテムが多く、読むと非常に参考になります。
歴代モデルの大沢たかおさんや野口隆史(反町隆史)さんなどのファッションも参考にして真似してきました。
もちろんまるまる真似するのではなく自分なりの手を加えてアレンジしていました。
年齢が40代に突入しましたが、メンズノンノはおそらく一生読み続けると思いますね。
最近は雑誌以外にもネットで参考にする場合が多くなりました。
特にアメカジ系のショップの店員さんのコーディネートは凄く参考にしています。
雑誌のモデルと違い、店員さんのコーデは等身大な感じがして参考や真似がしやすいんですよね。
私自身、身長が170㎝くらいしかないため、モデルよりも店員さんのコーデのほうがしっくりくる場合が多いのも理由です。
最近よく参考にするのはbears’とゆうショップの菊池さんとゆう店員さんのコーデを参考にすることが多いです。
体型が私に似ているので物凄く参考にし易いです。

キチンと感の強いパリッとシャツが最高

私が一番好きな洋服はシャツですね。特に綿のパリッとしたシャツが好きです。夏だったらリネンのシャツもいいですね。
私はどちらかと言うと、楽な服装よりもキチンとした感じの服装が好みなので、プルオーバーやチュニックなどよりもパリッとしたシャツを着るのが好きです。洗濯するたびにアイロンがけをしなくてはならないのが大変ですけどね。
柄はやはりストライプでしょう。トラッドな香りがするレジメンタルストライプなんて大好きです。インナーに白いタートルネックのTシャツを着てデニムのスカートなんかと合わせるのが好きです。
あと、襟と袖の部分が白くなっているクレリックタイプもさわやかでいいです。男性がスーツにクレリックシャツを合わせているのを見ると、ドキッとします。目で追ってしまいますね。
でもやっぱり一番活躍するのは、真っ白いシャツでしょうね。ひと言で白シャツと言っても、襟の形や開き具合、身幅の広い狭いなど、着た時の印象は全然違うものになります。スーツのインナーに向いているもの、セーターを上に来た時にぴったりくる襟の形、ジーンズに一枚で合わせるだけで極上のカジュアルが出来上がるものなど、白シャツは本当に奥が深いと思います。気に入ったものが見つかっても、あまり長く着ていると襟や袖口が変色したりするので、常に気に入るものを探し続けなくてはならない飢餓感のようなものも白シャツの魅力の一つかもしれませんね。

リラックスして着られるチュニックが大好き

私の好きな服は、チュニックです。体型が隠れるから好きなのではなくて、タイトなものは窮屈な感じがして着ていると気分的にリラックスできません。

その点、チュニックはふんわりとしていて動きやすくて着ていて楽です。それにやわらかいフワフワとした柔らかい素材感で、柄物や明るい色を好んで着ない私にとっては、アクセントをプラスすることができます。

特に黒や紺を好んで着ることも多いので、チュニックブラウスであればやわらかい女性らしい印象を与えることができるのでよく着ています。

また、チュニックにあわせるボトムスもレギンスやスキニーパンツなど合わせやすくて着やすいです。しかも、キャミソールやタンクトップ、Tシャツなど重ね着したりしても楽しめます。

チュニックのこだわりとしては、できれば胸元がボタンで開くことと、できるだけレースの女性らしいデザインのものがいいです。
子どもを出産し、授乳するようになったのをきっかけにチュニックを着ることが多くなりました。

そして、すっかりチュニックがお気に入りになって、最近ではトップスはチュニックばかり購入しています。

以前は女性らしいワンピースを着ることに憧れみたいなのがありましたが、今では実用性・機能性も兼ね備えたチュニックがいいです。